介護福祉士の仕事・資格取得>神奈川県の転職
2022年2月14日

介護福祉士の仕事

介護福祉士は、おもにホームヘルパー(訪問介護員)や、特別養護老人ホーム、身体障害者施設等の社会福祉施設の介護職員として介護業務にあたっています。また、介護業務のほか、在宅介護の場合は介護方法や生活動作に関する説明、介護に関するさまざまな相談にも対応しています。

ホームヘルパーや施設の介護職員に対し、介護利用者の自立支援を目標においた介護の実践、また、医師や看護師との連携が求められる現在、介護の専門知識・技術をもつ介護福祉士資格の重要性はますます高まっており、施設職員等の資格取得率も向上しています。

介護福祉士資格の取得方法

次の1.から4.のいずれかの方法で介護福祉士の資格を取得し、介護福祉士として登録することにより、介護福祉士を名乗ることができます。

  1. 高等学校又は中等教育学校卒業以上の者で、指定養成施設を卒業し介護福祉士国家試験に合格した者(養成施設ルート)
  2. 3年以上介護等の業務に従事した者で実務者研修を修了し介護福祉士国家試験に合格した者(実務経験ルート)
  3. 高等学校又は中等教育学校(それぞれ専攻科を含む。)において福祉に関する所定の教科目及び単位数を修めて卒業し、介護福祉士国家試験に合格した者(福祉系高校ルート)
  4. 経済連携協定により来日した者で、3年以上介護等の業務に従事した者で介護福祉士国家試験に合格した者(経済連携協定(EPA)ルート)

なお、介護福祉士資格の取得は法改正により、国家試験合格が必須とされていますが、「1.養成施設ルート」においては、2026(令和8)年度までの間、以下の経過措置が設けられています。

指定養成施設卒業から5年間、暫定的に介護福祉士資格を付与し、その間に以下のいずれかを満たせば、その後も引き続き介護福祉士資格を保持することができることとする。

  • A. 卒後5年以内に国家資格に合格すること
  • B. 原則卒後5年間連続して実務に従事すること

介護福祉士国家試験は、年1回実施されており、厚生労働大臣の指定を受けた(公財)社会福祉振興・試験センターが試験の実施及び登録の事務を行っています。

人気記事

  • 介護・医療系の仕事の選び方>介護医療ポイント・神奈川県・転職・介護・医療従事者
  • 地域包括ケアシステム>厚生労働省・神奈川県・看護・介護・転職・医療従事者
  • 雇用時の健康診断>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者・セラピスト
  • 三師届や業務従事者届について>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・PTOTST・医療従事者
  • 看護師・准看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・臨床検査技師・放射線技師・歯科衛生士・歯科技工士の転職先を探す。介護医療ポイント・神奈川県
  • 転職活動で押さえたいポイント>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 看護師のやりがい>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 妊娠・出産・育休の不利益な扱いについて>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 社会福祉士とは?>介護医療ポイント・神奈川県・転職・介護・看護・医療従事者
  • 感染予防策>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 新型コロナウィルス抗原検査について>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 脱水について>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 熱中症とは>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • コロナ禍の看護>介護医療ポイント・神奈川県・転職・看護・介護・医療従事者
  • 精神保健福祉士(PSW)の仕事>介護医療ポイント・神奈川県・転職・介護・看護・医療従事者